ホーム > 焼きたてを貴方に...

焼きたてを貴方に...

生豆

 

          

 

IMG_0250.jpg

                                                                         

      

                                                                 

   

 

当店の陳列棚に「焙煎済みの豆」はありません。
すべて、「生豆」です。
コーヒー豆は米や野菜と同じ「生鮮食品」。
焼きたての香り高いコーヒーも時間の経過とともに鮮度が落ち、香りが失われ酸化します。
豆の状態でも一ヵ月以内 挽いた場合はそれより短めでお飲みいただくことをおすすめ致します。
当店ではガスの直火式ですので、焙煎した後数日間が最もおいしい期間です。
コーヒー農園の方々が丹精込めて作ってくださった豆をよりおいしく味わっていただくために、鮮度にこだわります。 

 

コーヒー教室での素朴な疑問集

 


Q.コーヒーの保存方法は?

A.コーヒーは、においや湿気を吸ってしまいます。

なるべく空気を抜いた状態で冷凍庫に入れて保存してください。

たとえば、チャック式のビニール袋に入れ、冷凍庫で保存する。

 

Q.コーヒーは温度も大切?

A.沸騰した熱湯をサーバーに一旦移し、温度を下げます。

95℃~96℃位で淹れると、美味しく飲んでいただけます。

熱すぎると苦味が強く、低いとすっぱいコーヒーになってしまいます。

 

Q.いつまで新鮮か?

A.当店では、1ヶ月以内に飲みきっていただくことをおススメしています。

ちなみに飲み頃は、焙煎後、2日目~10日位が目安です。

 

Q.お湯で割ったらアメリカン?

A.浅煎りした豆を荒めに挽いてさっと落とすのがアメリカンです。

 

Q.深煎りコーヒーはカフェインが強い?

A.カフェインは178℃で昇華するため、加熱により減少します。

フランス料理やイタリアン料理のあとに飲むエスプレッソは理にかなっていて、特に眠気を妨げません。
苦味が強いのは、クロロゲン酸重化合物によるものと考えられています。

 

Q.汗かいてる?

A.コーヒーオイル(この中に香り成分がぎゅっと詰まっています。)が表面に出てきたものです。

時間がたつと吸収されて全体にオイルがまわり光ってきます。

汗状に見えるのは、焙煎したての醍醐味です。

 cafeコーヒー教室にて cafe

淹れてます.jpg

 

 

アフォガード.jpg

 

実際に淹れてみました。

同じように淹れても、三者三様の仕上がりになりました。

みなさん驚き!おいしく淹れるのってむずかしいsign02

『アフォガート』というスイーツです。

出来たてのエスプレッソをバニラアイスにかけます。

おいしそうでしょsign02